リサイクルお役立ち情報
エコが話題な今日この頃。。。家電・家具・車・生活雑貨など身の回りのいろいろのもがリサイクルされます。リサイクルに関する情報を集めています!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PC(パソコン)のリサイクル
新しいPC(パソコン)を購入時に、古いパソコンが不要になります。
また、故障して修理できないPC(パソコン)も不要となるので処分する必要があります。


家電ほど知られていないかもしれませんが、PCは普通に処分する事が出来ません。
PCリサイクル法に基いて、ちゃんと処分する必要があります。


家電リサイクル法と同様、PCにもリサイクル法があります。
これは有限の資源を再活用する循環的な社会にすること、またゴミを少なくする目的があります。


最近は、PCを所有する人が増えています。
それぞれがPCを捨てると、ゴミの量も増えますし、もちろん資源という観点からももったいないですよね。


資源有効利用促進法に基づいて、PCリサイクルは2003年(平成15年)から始まっています。
消費者とメーカーが協力してリサイクルを行います。


不要なPCは自治体が回収・処分していましたが、メーカーが回収・再資源化を行うことになっています。
2003年(平成15年)10月以降に販売された家庭用パソコンには『PCリサイクルマーク』が付いています。


『PCリサイクルマーク』が付いているパソコンは処分に料金は掛かりませんが、
『PCリサイクルマーク』が付いていないパソコンは回収再資源化料金を支払う必要があります。


パソコンを処分する場合は、事前にPCのメーカに問い合わせて下さい。
また、自作のパソコンやメーカーが倒産している場合は限責任中間法人 パソコン3R推進センターへお問合せ下さい。


PCリサイクルの対象となる機器の例

・本体
 ・デスクトップパソコン
 ・ノートパソコン

・モニタ
 ・CRTディスプレイ
 ・液晶ディスプレイ

・モニタ一体型
 ・CRTディスプレイ一体型パソコン
 ・液晶 ディスプレイ一体型パソコン


PCリサイクルの対象外の機器の例

・プリンタ
・スキャナ
・ワープロ
・PDA
・サーバ

スポンサーサイト

テーマ:生活に役立つ情報 - ジャンル:ライフ

copyright © 2005 リサイクルお役立ち情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。